3分で判明!復縁の可能性が分かる5項目

相手とよりを戻したい気持ちはあっても、上手く行くか分からず、恐くて行動に移す事が出来ない方も多いと思います。

今回はそんな方々向けに『復縁の可能性を計る為の5項目』をご用意致しました。

この5項目を見る事によって、現状の把握、そして今後の行動指針として頂ければ幸いです。

復縁の可能性を計る為の5項目

1.連絡を取ろうと思えばとれる間柄である

現状、相手との連絡が普通に取れる間柄かどうかはとても重要です。

完全に連絡が途絶えている状態であれば、復縁の為に接触を試みようとしても相手の警戒心を煽ってしまう危険性があるからです。

2.別れた原因にお互い納得出来ているし、次は大丈夫だと確信がある

別れた原因にお互い納得が出来ているかどうかはとても重要です。

もし納得出来ていなければ、また同じ結果を引き起こす可能性が大きいですし、根本的な改善を行う事が出来ません。

もう一度やり直す為には別れた原因をしっかりと受け止め、同じ事を起こさない為の環境を作る必要があります。

3.共通の友達が居て、尚且つ復縁に好意的

共通の友達が協力者になってくれる事はとても大きなアドバンテージになります。

そういった仲間を作る事によって、二人が出会える機会を作る事も可能ですし、復縁をスムーズに進める為に有効な情報を仲間経由で相手に流す事も出来ます。

現状協力者が居なかったとしても、もし共通の知り合いなどが居るのであれば協力者として囲う事は有効な手段となるでしょう。

4.まだ復縁を迫った事がない

既に復縁を迫っているかどうかはとても重要です。

もし既に迫っているのであれば相手の警戒心は高まっていますので、再度復縁を申し込むのも難しいですし、もっと悪ければ接触の機会を作る事すら難しくなっているかもしれません。

5.現状、相手は自分に悪感情を持っていない

別れた原因にもよりますが、もし相手が自分に対し悪感情を抱いたままであれば、それは復縁への大きな壁になってしまいます。

もし悪感情があると判断出来る場合は、この悪感情を如何に払拭するかが大きな課題です。

●まとめ

以上の5項目が全て〇であれば、復縁の可能性は大いにあります。

逆にもし一つでも×があれば、それは復縁への大きな壁になってしまいますのでクリアする為の戦略が必要になってきます。

そしてもう一つ重要な事は「可能性があっても行動は慎重に」という事です。

復縁で重要なのは相手の警戒心を解いて、相手と自分との距離を縮める事にあります。

ですので、今回のチェック項目で復縁の可能性があるからと言って、無作為に挑んで相手の警戒心を煽らないようにする致しましょう。

重要なのは相手の事をしっかりと考える事、そして自分の感情をしっかりと制御する事です。