復縁のためのアファメーションは寝る前が効果的?復縁成功を引き寄せるアファメーションの正しいやり方・例文

大好きな彼との別れは、ついつい心を後ろ向きにしてしまいがちです。

でも、後ろ向きの状態だと、いつまでたってもつらいまま。

悲しい気持ちから抜け出すことが難しくなって、明るい未来も遠ざかってしまうおそれもあります。

そんな時に試してみたいのが、「アファメーション」という考え方。

アファメーションはポジティブな目標を自分に自己暗示することで、潜在意識を変えて目標を実現に近づける考え方です。

ビジネスやスポーツの場において有効とされる考え方ですが、実はこれ、復縁にもとても有効なものなのです。

この記事では、アファメーションを利用して復縁成功につなげる方法を紹介します。

知ってる人も、知らない人も確認!「アファメーション」とは?

アファメーションとは、こうありたい、こうなりたいという理想の自分や状況になるための、言葉による自己説得のことを指します。
もう少しわかりやすく言うと、なりたい自分を想像し、それを具体的な言葉にして繰り返し声に出したり、耳に入れたりすることで、肯定的な思い込みを自分の中に意識的につくることです。

アファメーションによる意識的な思い込みが成功すると、脳や心が共鳴して、叶えたい目標を達成するために有効な発想、行動をとるようになれるとされています。

アファメーションが復縁につながる理由

アファメーションは「成功者」ほど実践している

「わたしはサッカー選手として日本代表になる」
「わたしはオリンピックで必ず優勝する」
「わたしは年商100億円突破させる」

ちょっと大げさな例になりますが、実際に成功している人は、このような自分自身への肯定的な思い込みをするメンタルトレーニングをしているといわれています。

彼らが成功できる理由は、才能があるだけではありません。
それに、彼らもわたしたちと同じ人間です。
通常であれば、自分が思う自分の限界がその人の限界であり、それ以上のパフォーマンスをしたり、成果を出したりすることは不可能とされています。

例えば、
「現実的に考えれば、Jリーガーあたりが妥当な目標かな」
「オリンピックは出場できれば万々歳」
「今の状況だと、せいぜい年商50億円がいいところ」
などと思えば、それがその人の限界で、そう思っている以上、それ以上の成果は出せません。

詳細は後述しますが、アファメーションによるメンタルトレーニングでこのような思考は絶対的にNGです。
正しくアファメーション(肯定的な思い込み)を行ない、自らを奮い立たせ、理想の結果になるための努力を惜しまずに続けた結果として、成功者たちは「肯定的な思い込み」を「現実」に変えたのです。

思い込みによる潜在意識の変化によって、難しいことが好転する

上で説明したことからも想像がつくように、これは復縁にも応用ができます。

「わたしは彼と必ず復縁する」
「わたしは次の誕生日は彼と過ごしている」
「わたしは彼と復縁するために、5キロ痩せてモデルの○○さんみたいなスタイルになる!」
など、叶えたいことをポジティブな言葉にしてみます。
(この場合の文例について詳しくは後述します)

このときの言葉が具体的であればあるほど、自分がそのために何をすべきなのかが見えやすくなります。さらに、この肯定的な思い込みのおかげで自分の中の潜在意識もポジティブなものに変化していきます。
幸せな未来が想像できると努力すること自体が楽しくなり、どんなに難しい目標でも、その達成のために建設的な思考が生まれ、行動を起こすことができます。
それが結果として復縁成功につながっていくのです。

前向きな人には幸せが引き寄せられる!

いつもニコニコして輝いている人には、同様の多くの人が寄っていきます。
「類は友を呼ぶ」とはよくいったもので、やはり前向きな人には前向きな人や出来事が引き寄せられていくものです。
逆に言えば、「どうせ復縁なんて無理…」「もうダイエット頑張れない」と、ネガティブ思考な人には、それなりのものしか引き寄せられてこないのです。

考え方次第、前向きな気持ちを持つこと次第で、この悪しき引き寄せの状況を好転できるのであれば願ったり叶ったりです。アファメーションを有効に行ない、ポジティブ思考になることで、自分の周りの環境も少しずつ良いものに変化させていきましょう。

前向きな人からいい影響を受けることで、努力もきっと楽しくなります。
また、何より、努力をしてキラキラ輝いているあなたの姿を見た彼も、復縁を前向きに考えるようになるかもしれません。

アファメーションを行なう上で守るべきルール

ここからは、アファメーションを実践するノウハウについて詳しく見ていきましょう。
まずは、アファメーションで自分に思い込ませる内容・言葉をつくる上で守るべきルールを解説します。

ネガティブ絶対NG!ポジティブな表現に終始する

言っていることが同じであっても、表現の違いだけで心への響き方はまったく異なるものです。

例えば、
「わたしは引っ込み思案ではない」
「わたしは彼の前で緊張しない」

という表現と

「わたしは積極的だ」
「わたしは彼の前でリラックスできている」

という表現を見比べてみるとどうでしょう。
どちらも同じことを言っていますが、「~ない」を使わないだけで、後者の方がポジティブな印象を受けるでしょう。

このように「~ない」のネガティブワードはNG。常にポジティブな内容と表現を意識しましょう。

現在進行形を意識する

アファメーションのルールの一つとして、現在進行形で起こっているかのような表現を使います。

例えば、
「わたしは、より彼の理想に近づきつつある」
「今は2021年、わたしの彼氏は○○君だ」

という形です。

このような表現を採用する理由は、わたしたちの脳が現実と理想(や妄想、イメージ)の区別がつかないとされているからです。
アファメーションは、自己暗示でもあります。
ちょっと図々しいかも?ぐらいの肯定的な自己暗示が、アファメーションとしての効果を発揮しやすくなるのです。

主語は必ず自分

ここまでの文例で書かれているように、アファメーションの最初は基本すべて「わたしは」からスタートさせます。
こうすることで、「わたしは」以下に続く内容を自分事として潜在意識に根付かせられるのです。

ちなみにですが、ここは普段自分が使っている一人称を使いましょう。
友達とのメールで「あたし」と書く人は「あたし」、「私」と書く人は「私」を使います。

アファメーションとして発すべき効果的な例文

これまで端的な例文を紹介してきましたが、実際に復縁活動を行うにあたって、具体的にどのようなものにしたらいいのでしょう。
ここでは、上記のルールを踏まえた、その具体的な例文を集めてみました。

なお、全ての例文に言えることですが、ポイントは、より具体的に、詳細にイメージをすることです。

「わたしはまた彼とディズニーランドに行って、ビッグサンダーマウンテンに乗る」
「今年の夏、彼と手をつないで、浴衣を着て、夏祭りに行って花火も見る」
「今は202X年、彼氏の○○君と一緒に今年開催する○○オリンピックの○○競技を一緒に観戦する」
「○○君のことをよくわかっているわたしは、○○君にとって唯一無二の理解者になりつつある」

‥‥など、上記の内容をアレンジしたり、文章の組み立て方を参考に、自分の想いを言葉に、形にしてみましょう。

寝る前の習慣に!復縁を引き寄せるアファメーションの正しい実践方法

アファメーションの内容をまとめることができたら、いよいよ実践にうつりましょう。
ここからは、アファメーションを実践するにあたり、具体的にどのような方法があるのかを解説します。

なお、これから紹介する手段は基本的にいつ行っても構いませんが、ばらばらの時間に行なうと忘れてしまいがちになってしまいます。
アファメーションの効果を最大限に発揮させるためには、落ち着いてリラックスできている夜寝る前の習慣にすることもオススメです。実際、むしろ寝る前にやるべき方法もあります。

実際に声に出して唱える

一番手っ取り早い方法であり、文字通り「自分に言い聞かせる」という意味でも有効な手段です。
内容を記憶して、それを声に出すことも良いですが、できれば考えた内容を紙に書いてそれを読む形の方がオススメです。常に一字一句同じ内容である方が、方向性もブレることなく、有効に脳に働いていくでしょう。
声の大きさはどんなものでも構いません。ささやきのレベルから、叫びのレベルまで、その場に合わせたボリュームで行いましょう。

日記帳などに書き出し、文字にする

何度も字に書き出すことも、アファメーションの有効な手段です。
書くことによる手の感覚も、強い思い込みを脳に植え付けるための脳への刺激になります。

音声で聞く

これは2通りの考え方があります。

①周りの人に読んでもらう(その際の主語は「あなたは」に置き換える)

ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、他人に読んでもらうことは自分で言い聞かせるよりも臨場感のレベルが違います。
自分でも思っていることであっても、他人からのアドバイスであれば、なんとなく腑に落ちやすいというか、「そうだよな」と納得しやすくなることがあるかと思いますが、この手段はまさにソレです。

納得して飲み込めるものの方が、脳へのインプットもしやすくなります。
頼める人がいたら、ぜひ試してみましょう。

② ①の内容を録音、または自分で録音したものを繰り返し聞く

「自己催眠」と言い換えることもでき、文字通り寝る前に行なうのがより効果的とされています。
入眠前はもちろん、起き抜けの目覚まし代わりとしてこの音声を聞くことで、調子よく目を覚ますことができるでしょう。

復縁にアファメーションを取り入れる際の注意点

なるべく簡潔な文章にまとめる

文章を作る際には、なるべく具体的であることが望ましい一方で、簡潔にすることも大切です。
あれこれと具体的に実現したいことを並べると、文章として長くなってしまいがちです。長くなってしまうと、脳へのインプットも少々難しくなってしまうようです。
自分の言葉で、明瞭に、簡潔に思いの丈を組立てましょう。

復縁が実現するまでできれば毎日実践する

最初の方でもお伝えしたように、アファメーションは「自己暗示」の側面もあります。
そのため、できれば復縁が実現するまで毎日言葉に出したり、書きとめたりすることがおすすめです。そうすることで、潜在意識も理想や目標を前向きに変化しやすくなっていき、結果的に復縁成功の可能性を上げることにもつながります。

リラックスした状態で実践する

このアファメーションは、心身がリラックスしていて、脳が抵抗なく新たな意識を吸収できる状態の時に行なうと、より効果的です。
逆に言えば、声に出したり書きとめている最中に、何らかの抵抗感を感じた場合はいったん中断しましょう。
中断後、気持ちがリラックスできたと感じたら、また再開してください。

潜在意識の変化が復縁を導く!アファメーションはその一手段

復縁成功のカギは、とにかく「わたしは彼と復縁できる」と強く思っていることです。
その根拠がなかったとしても、潜在意識に影響を与えるほどの強い思いさえあれば、自ずと実現のための行動を考え、実践し、成功につなげていけるでしょう。
今回紹介したアファメーションは、その一手段です。
冒頭でもお伝えしていますが、このアファメーションは、復縁や恋愛だけにとどまらず、ビジネスやスポーツの場面でも使われる考え方であり、専門家もこのメンタルトレーニング法を勧めています。
ネガティブからは良いことは生まれません。
このアファメーションを実践して、ポジティブ脳になる習慣を付ければ、復縁だけにとどまらず、より人生を豊かにできるのではないでしょうか。