元彼との復縁を迷ったときに考慮すべき4つのこと

別れた元彼から復縁の申し出があった場合、本当にその復縁話にのってもいいのか迷いますよね。 もし今迷っている場合は、一呼吸おいていろいろな角度から元彼との復縁について考えてみましょう。特に、以下の4つのケースに現状が当てはまる場合は要注意です。 復縁してまた付き合ったものの、結局別れることになったとしたら時間だけが無駄になってしまいます。そうならないための参考として読んでもらえれば幸いです! 1:元彼と別れてから復縁の申し出までの時間 理由がどうであれ、一度は2人で選んだ別れ。しかし、そこから1カ月以内に元彼から「またやり直したい」といわれた場合は考慮すべきです。 特に元彼から、元彼の身勝手で別れたいと言われた場合。あなたを傷つけ、自分の意志を押し通したにもかかわらず、短い期間で復縁を申し出るのはあまりにも短絡的です。別れてからあなたの存在の大きさに気づいたとしても、行き当たりばったりで、あなたの気持ちを考えていません。 そこで復縁してしまうと、結局同じことの繰り返しで再び破局してしまう可能性が高いので、安易に「Yes」とは言わず、しばらく様子を見ることをおすすめします。 そこから3か月以上経っても元彼があなたとの復縁を望んでいるのであれば、そのときは前向きに考えてもよさそうです。 逆に、元彼が浮気やあなたを裏切るようなことをしたために、あなたから別れを切り出した場合も同様です。どんなに「反省している、もうしない」といったところで、人は簡単に変わりません。ここでも安易に「Yes」とは言わず、しばらく様子見がいいでしょう。 2:さみしいという理由だけで復縁しようとしていないか 元彼と別れて、その後の恋愛がうまくいかない、まったく出会いがなくてさみしいというだけで、元彼との復縁話に迷い揺れていませんか? だとしたら、その場合も安易に「Yes」とは言わない方がいいでしょう。 さみしい気持ちばかりが大きくて、気心知れた相手と返事ひとつでまた付き合えるというのは一見いいことのようにも思えます。しかしそれでは「さみしいから誰でもよかった」ということに何ら変わりはありません。さみしいから手軽にセックスできる相手とセックスしてしまうのと変わらず、高確率で後悔するでしょう。 3:愛情ではなく、単なる情だけで復縁しようとしていないか 元彼の復縁の申し出に対して「ほっとけない」と思った場合も、安易な回答は避けるべきです。主に、経済的な理由やメンタルの調子が悪いことを理由に「助けて欲しい、お前の支えが必要なんだ」という場合がその最たる例です。 経済面に関しては言うまでもありませんが、ヒモになる未来が見え隠れします。本当に経済的に苦しい状況に元彼が陥っていたとしても、あなたのことが本当に好きであれば、仕事を見つけるなどして経済的な安定が見込める状態になるまでは復縁を迫ろうとはしないはずです。 かわいそうだから支えてあげたい、と思って復縁したところで、元彼のねらいはあなたではなくどちらかといえばお金です。その元彼と幸せな未来を築きたいのであれば、問題を解決してからでないとダメ、としっかり条件を出すと良いでしょう。 そこであなたへの気持ちが本物かどうかも図れるはずです。 また、メンタルの調子が悪いという場合、これを突き放すのは非情に思えるかもしれませんが、同情から安易に復縁するのはお勧めできません。 メンタルの調子が良くない相手と付き合うとなると、デートの約束はあまり守られないし連絡の頻度も相手の調子次第。言い方はよくありませんが、おそらく相手の調子に振り回されてしまうことになります。 さらに、あなたが根詰めて「わたしがなんとかしてあげなきゃ」と思えば思うほど、次第に共依存にまで発展し、あなた自身にも悪影響が及んでしまう場合も。 結婚していて、パートナーがピンチに陥ってしまった場合はまだ別の話ですが、恋人関係でそこまでの苦労を背負う必要はありません。 4:別れることになった原因・出来事が改善されているか 別れることになった原因はさまざまあると思いますが、元彼の浮気や、あなたが別れを決意するほどに受け入れられなかった問題が原因で別れた場合に、その相手とまたやり直すかもしれないとなると、やはり考える必要があります。 ここでまず言えることは、人はそう簡単に変わることはできないということです。 価値観が全く同じ人はもちろんいません。ただ、別れるまでに至った元彼のやったこと、受け入れがたかった考え方は、あなたの持つ「正」の価値観とは大きくズレがあると考えるべきでしょう。 それが少しでも改善されていない限りは、復縁はお勧めできません。 また同じことで泣かされ、別れることになったら、これ以上の時間の無駄はありません。 「あの事さえなければすごく好きなのに」と揺れ迷っている場合は、自分で考えるだけでなく、第三者の意見を聞いて客観的なアドバイスをもらうのもおすすめです。 迷ってる間は、復縁しない方がいい 結論としては、コレにつきます。 迷っている場合は、復縁に踏み切るのはまだ尚早だということです。元彼のとの復縁は独り身を脱出するための最短ルートではありますが、ただ、その思いだけで復縁に踏み切ると、また同じ思いをして別れを迎えることも十分考えられます。 ただ、迷うことは良いことでもあります。 これまでの元彼とのことや自分の気持ちをきちんと整理して、納得して結論を出しましょう。自分で納得して前に進むことができれば、きっと幸せが待っています!

別れた元彼から復縁の申し出があった場合、本当にその復縁話にのってもいいのか迷いますよね。
もし今迷っている場合は、一呼吸おいていろいろな角度から元彼との復縁について考えてみましょう。特に、以下の4つのケースに現状が当てはまる場合は要注意です。
復縁してまた付き合ったものの、結局別れることになったとしたら時間だけが無駄になってしまいます。そうならないための参考として読んでもらえれば幸いです!

1:元彼と別れてから復縁の申し出までの時間

理由がどうであれ、一度は2人で選んだ別れ。しかし、そこから1カ月以内に元彼から「またやり直したい」といわれた場合は考慮すべきです。

特に元彼から、元彼の身勝手で別れたいと言われた場合。あなたを傷つけ、自分の意志を押し通したにもかかわらず、短い期間で復縁を申し出るのはあまりにも短絡的です。別れてからあなたの存在の大きさに気づいたとしても、行き当たりばったりで、あなたの気持ちを考えていません。
そこで復縁してしまうと、結局同じことの繰り返しで再び破局してしまう可能性が高いので、安易に「Yes」とは言わず、しばらく様子を見ることをおすすめします。
そこから3か月以上経っても元彼があなたとの復縁を望んでいるのであれば、そのときは前向きに考えてもよさそうです。

逆に、元彼が浮気やあなたを裏切るようなことをしたために、あなたから別れを切り出した場合も同様です。どんなに「反省している、もうしない」といったところで、人は簡単に変わりません。ここでも安易に「Yes」とは言わず、しばらく様子見がいいでしょう。

2:さみしいという理由だけで復縁しようとしていないか

元彼と別れて、その後の恋愛がうまくいかない、まったく出会いがなくてさみしいというだけで、元彼との復縁話に迷い揺れていませんか?
だとしたら、その場合も安易に「Yes」とは言わない方がいいでしょう。

さみしい気持ちばかりが大きくて、気心知れた相手と返事ひとつでまた付き合えるというのは一見いいことのようにも思えます。しかしそれでは「さみしいから誰でもよかった」ということに何ら変わりはありません。さみしいから手軽にセックスできる相手とセックスしてしまうのと変わらず、高確率で後悔するでしょう。

3:愛情ではなく、単なる情だけで復縁しようとしていないか

元彼の復縁の申し出に対して「ほっとけない」と思った場合も、安易な回答は避けるべきです。主に、経済的な理由やメンタルの調子が悪いことを理由に「助けて欲しい、お前の支えが必要なんだ」という場合がその最たる例です。

経済面に関しては言うまでもありませんが、ヒモになる未来が見え隠れします。本当に経済的に苦しい状況に元彼が陥っていたとしても、あなたのことが本当に好きであれば、仕事を見つけるなどして経済的な安定が見込める状態になるまでは復縁を迫ろうとはしないはずです。
かわいそうだから支えてあげたい、と思って復縁したところで、元彼のねらいはあなたではなくどちらかといえばお金です。その元彼と幸せな未来を築きたいのであれば、問題を解決してからでないとダメ、としっかり条件を出すと良いでしょう。
そこであなたへの気持ちが本物かどうかも図れるはずです。

また、メンタルの調子が悪いという場合、これを突き放すのは非情に思えるかもしれませんが、同情から安易に復縁するのはお勧めできません。
メンタルの調子が良くない相手と付き合うとなると、デートの約束はあまり守られないし連絡の頻度も相手の調子次第。言い方はよくありませんが、おそらく相手の調子に振り回されてしまうことになります。

さらに、あなたが根詰めて「わたしがなんとかしてあげなきゃ」と思えば思うほど、次第に共依存にまで発展し、あなた自身にも悪影響が及んでしまう場合も。
結婚していて、パートナーがピンチに陥ってしまった場合はまだ別の話ですが、恋人関係でそこまでの苦労を背負う必要はありません。

4:別れることになった原因・出来事が改善されているか

別れることになった原因はさまざまあると思いますが、元彼の浮気や、あなたが別れを決意するほどに受け入れられなかった問題が原因で別れた場合に、その相手とまたやり直すかもしれないとなると、やはり考える必要があります。

ここでまず言えることは、人はそう簡単に変わることはできないということです。
価値観が全く同じ人はもちろんいません。ただ、別れるまでに至った元彼のやったこと、受け入れがたかった考え方は、あなたの持つ「正」の価値観とは大きくズレがあると考えるべきでしょう。
それが少しでも改善されていない限りは、復縁はお勧めできません。
また同じことで泣かされ、別れることになったら、これ以上の時間の無駄はありません。
「あの事さえなければすごく好きなのに」と揺れ迷っている場合は、自分で考えるだけでなく、第三者の意見を聞いて客観的なアドバイスをもらうのもおすすめです。

迷ってる間は、復縁しない方がいい

結論としては、コレにつきます。
迷っている場合は、復縁に踏み切るのはまだ尚早だということです。元彼のとの復縁は独り身を脱出するための最短ルートではありますが、ただ、その思いだけで復縁に踏み切ると、また同じ思いをして別れを迎えることも十分考えられます。

ただ、迷うことは良いことでもあります。
これまでの元彼とのことや自分の気持ちをきちんと整理して、納得して結論を出しましょう。自分で納得して前に進むことができれば、きっと幸せが待っています!

 

復縁・復活愛に強い電話占いランキング!復縁ならこの先生がオススメ
>復縁に強い電話占いランキング!復活愛ならこの先生がオススメ