復縁までの冷却期間はどのくらい?何をすればいいの?

復縁までの冷却期間はどのくらい?何をすればいいの?

「冷却期間があったからこそ本心に気づくことができた」「冷却期間がなかったら結婚していなかった」などという話をよく耳にします。

今回は「冷却期間とは?」という素朴な恋愛に関する疑問から、冷却期間は必要なものなのか、実際に何をすればいいのか、目安となる期間などご紹介していきます。

冷却期間とは

人生には出会いと別れがあり、恋愛においてもそれは同じです。好きな人と付き合っていても、すべてが楽しいわけではなく、お互いのいろいろな欠点に気づいて積もり積もって別れてしまうこともあります。

冷却期間とは、別れたあと、または別れるまではいかないけれど、少し距離を置きたい期間のことです。何度話し合っても話が平行線で進まない、感情的になってしまって話が通じない場合など、一度興奮した状態をクールダウンさせてみよう・・・という意味合いが「冷却」です。

冷却期間を経て復縁に至るケースもあれば、そのまま自然消滅してしまうこともあります。

冷却期間は、自分自身の気持ちを見つめなおす時間でもあります。「本当に彼のことが好きだったの?」「どうして今回うまくいかなかったんだろう」など、冷静になって考える期間です。

別れることになった原因、お互いの価値観・・・など、思い当たる節を1つずつ整理していくことで、自分の足りないところ、相手にお願いしたいところなどが少しずつ見えてくるかもしれません。

冷却期間は必要なの?

冷却期間は実際に必要なのでしょうか?気持ちを整理したうえで結論を出せるので、冷却期間はあったほうがいいと思います。

もちろん冷却期間を設けないまま、すっぱりと別れてしまうこともできます。彼に対する未練がまったくなかったり、別れの決意が揺るがないのであればそれでも良いでしょう。

しかし、まだ彼に対する気持ちが少しでもあるなら、冷却期間を設けた方がお互いのためにもベターです。

冷却期間にすることは?

それでは、実際に冷却期間にはどんなことをすればいいのでしょうか?

気持ちを落ち着かせる

「冷却=クールダウン」ですから、まずは気持ちを落ち着かせることが大切です。別れ話をするときは、興奮状態の場合が多いです。特に女性は感情的になってしまい、思ったことをそのまま口にしてしまう傾向があると言われています。

一度冷静になってみると「あの時とんでもないことを言ってしまった」「もしかして私が悪かったのかもしれない」と思うことがあるかもしれませんね。

冷静になって考えた結果「自分に非があったから、すぐに会って謝りたい」と思うかもしれませんが、そこは我慢です。ここで連絡をすぐに取ってしまうと、また別れ話が繰り返されてしまうこともあります。「全然反省してないじゃん」と相手に思われることにもなってしまうので、すぐに連絡を取らない方がいいでしょう。

具体的な冷却期間の目安は後ほどご紹介します。

別れの原因を探り自分磨きをする

冷却期間中は、どうして別れることになったのか、その原因を探ってみましょう。もちろん彼にも原因はあるかもしれませんが、まずは自分のダメだったところをリストアップし、それを改善する努力をしてみましょう。

料理の勉強をしてみたり、彼の好きなアーティストの曲を聴いてみたり、資格の勉強をしてみたり・・・どうすれば彼の気持ちをまた振り向かせることができるのかを考えて、自分磨きをする時間に充当してみてはいかがでしょうか?

このほかにも自分磨きの方法としては

  • 常識やマナーを身に付ける
  • コミュ力を高める
  • ダイエットをする
  • 美容面(化粧や髪型、脱毛など)を変えてみる

などがあります。「彼と連絡を取らない=集中して自分のやりたいことができる時間ができる」ということですから、この期間にぜひ魅力的な女性を目指しましょう。

精神的に自立する

誰かと付き合っているときは、どうしてもその人を頼ってしまいます。気持ちが強ければ強いほど、依存度も高くなってしまいます。

「彼がいないと生きていけない・・・」という人は、冷却期間中に精神の自立を考えてみましょう。気持ちが強すぎると「重い」「ウザい」と感じられてしまうこともあるので、精神的に自立するということは大切なことです。

どうやって精神的に自立をするかというと、先ほどご紹介した自分磨きの時間を作ってみるのが一番の近道です。なにか違うことに集中することで、気持ちも切り替わりますし、「彼がいないときは○○をしよう」と考えることができるようになります。ポジティブに気持ちのコントロールが可能となるのです。

なにか新しいことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

絶対に連絡しない

冷却期間に大切なことは「何があっても絶対に彼に連絡しないこと」です。先ほども触れましたが、冷却期間を設けたのにすぐに連絡してしまうと、失敗してしまうことが多いからです。

特にこちらから「ちょっと距離を置こう」と言ったにもかかわらず、すぐに連絡をしてしまうと、相手は「そっちが距離を置こうって言ったのに」となり余計に相手を不快にさせてしまうでしょう。冷却期間中は連絡をしないことを肝に銘じておきましょう。もちろん会うこともNGです。

SNSで絡まない

冷却期間中といっても、お互いのTwitterやInstagramなどのSNSは気になるものです。これも上記の「連絡しない」と同じ理由です。

近況を知るためにのぞく程度に留め、メッセージを送ることは止めておきましょう。ただし、向こうからコメントしてきた場合は無視するわけにはいきませんし、好意をチラつかせている可能性もあるので、自然な返信をするようにしましょう。

目安となる期間は?

復縁が成功する冷却期間とは、どのくらいでしょう?目安となる期間は距離を置くきっかけとなった理由に応じて異なります。2週間・1ヶ月・3ヶ月~半年という区切りでみていきましょう。

2週間

冷却期間が2週間で済む場合は、次の理由で距離を置く場合です。

  • ちょっとした喧嘩や言い争い
  • ちょっとしたすれ違い

「ちょっとした」というのがポイントです。お互いの機嫌がよくないために、そんなこと言うはずじゃなかったけどヒートアップして喧嘩した場合などは2週間ほどの冷却期間で済むでしょう。あまり期間を空けると連絡しづらくなります。

1ヶ月

冷却期間が1ヶ月必要なのは、次の理由で距離を置く場合です。

  • 激しい喧嘩や言い争い
  • 気持ちが冷めた
  • 将来の事が考えられない
  • 浮気

「ちょっとした喧嘩」ではなく、深刻な場合は1ヶ月くらいの冷却期間を置いて冷静になりましょう。また、相手に対する気持ちが冷めてしまったり、将来の事が考えられなくなった、浮気をしてしまった場合も、1ヶ月後に気持ちがどのように変化するのかを待ってから判断しましょう。

3ヶ月~半年

冷却期間が3ヶ月~半年必要なのは、次の理由で距離を置く場合です。

  • 無視されている(電話に出ない、返信が来ない、など)
  • 相手を傷つけた場合
  • 会う機会が減ってフェイドアウトした場合
  • 「重い」と言われた
  • マンネリ気味

このような場合、少し長い期間を必要とします。3ヶ月位以上たてば記憶も薄く曖昧になってくるので、忘れかけていたくらいの時期を狙いましょう。

現状に合わせて対応しよう

今回ご紹介した復縁までの冷却期間目安、距離を置くきっかけとなった理由などはあくまでも参考例です。相手の性格やお互いの状況によって、ベストな冷却期間は変わってきますので、状況をよく判断して対応するようにしましょう。

 

復縁・復活愛に強い電話占いランキング!復縁ならこの先生がオススメ
>復縁に強い電話占いランキング!復活愛ならこの先生がオススメ