失恋の過程で知る、本当に復縁したいのなら絶対にやってはいけないこと!

彼氏と別れたばかり。今すぐにでもよりを戻したい。復縁したいと思っているあなた。
まずは落ち着いてください!
理由はいろいろあれど、やはり別れはつらいもの。とてもよくわかります。

この記事では、ゆくゆくの復縁のために「復縁したいなら絶対やってはいけないこと」をご紹介します。
冷静になれずに感情の勢いで、これから紹介する「復縁したいなら絶対やってはいけないこと」をやってしまうとせっかくの復縁のチャンスが台無しになってしまいます。
まずは落ち着いて、この記事を読んでみてください!

失恋から立ち直るまでの過程は、死を宣告された時の人の心理状況と酷似している

聞いたことがある人もいるかもしれませんが、失恋から立ち直るまでの過程は、死を宣告された時の人の心理状況と酷似していると言われています(筆者が大学生のころ、実際に心理学の授業で習いました)。
その過程には5段階の流れがあり、その5段階とは①否認、②怒り、③取引、④抑うつ、⑤受容です。ここでは、失恋した際の心理状況にあてはめて解説します。
なぜそんなことを解説するかって?
復縁を実現させるためには、まずはこの気持ちの流れを客観的に理解したほうがいいからです。なぜなら、復縁に失敗する人は大抵、②と③あたりで「復縁したいなら絶対やってはいけないこと」をやってしまい、失敗しています。

①否認「彼が私と別れたいだなんて、そんなことがあるわけがない!」

別れた事実を自分の中で受け入れられず、認めたくない段階。むろん冷静でいられるわけがありません。
復縁についての行動としては、信頼できる友達や信頼できる第三者に愚痴を聞いてもらうことは問題ありませんが、彼に対して直接的な行動は避けた方がいい時期です。

②怒り「まじでふざけんな!」

彼に対する怒りがこみあげてくる段階。まだまだ冷静さには程遠い時期です。
この時期の復縁についての行動としては、①と同様友達や信頼できる第三者への愚痴・相談でとどめておくことをおすすめします。

③取引「悪いところを直すから、あれもこれもするから、もう一度付き合って!」

彼にまた振り向いてもらうため、なりふり構わず行動してしまいがちな時期です。
復縁したいのであれば、この時期の行動も非常に注意する必要があります。

④抑うつ「彼なしでは生きていけない」「彼以上の人は現れない」

これまでの勢いから一転、沈んだ気持ちに陥ってくる時期です。しかし、見方を変えれば、気持ちが落ち着き始めてくる時期でもあります(病みすぎてしまう人もいますが…)。

⑤受容「この恋を糧にこれからを生きていこう」

最終段階は、別れを受け入れる時期です。
ただ、誤解しないでほしいのは、「別れを受け入れる=彼をあきらめる」ということではありません。「別れてもこれからもずっと好きでいる」と、彼への気持ちを冷静に再確認し、次の行動、つまり、復縁のために前向きに行動できる時期と考えてください。

5段階の過程に当てはめながら解説!「復縁したいなら絶対やってはいけないこと」

彼と別れた後の気持ちの過程を理解したうえで、復縁のためにそれぞれの時期にやってしまいがちな、でも「本当に復縁したいなら絶対やってはいけないこと」をご紹介していきます。

①「否認」段階の絶対にやってはいけないこと

  • 一方的な連絡を繰り返してしまう

別れた直後で彼の言動を受け入れられず、「なんで?」などと連絡をしたくなるかと思いますが、これは避けましょう。
この時点での彼は、あなたと別れるというゴールをやっと達成できたと思っている状況。そんな時に連絡が来てしまうと、その連絡が原因で既読無視されたり、その後ブロックされたりするパターンが多いのです。これでは復縁のチャンスを大きく逃すことになりかねません。
特に別れた当日や翌日は、連絡しないことのほうが良さそうです。

②「怒り」段階の絶対にやってはいけないこと

  • 一方的に自分の気持ちをぶつける
  • しつこく復縁を迫る
  • 共通の友人を巻き込む

怒りに任せてつい感情的になってしまいがちですが、一方的に「ふざけんな!」と負の感情を彼にぶつけてしまうのは、後々復縁を目指すにあたり得策ではありません。
また、「彼にこんなひどいことを言われた」と、共通の友人に彼への不満をぶちまけるのも、心情としてはわかりますが、絶対にやめましょう。被害者感情が強くなりすぎて、実際には言われてもいないことを言われたかのように話してしまい、それがやがては彼に伝わってしまい、復縁が遠くなってしまいます。
怒りの感情は、恋愛のケース以外でも、自分でも感情のコントロールができない場合がよくあります。そのため、上記のこと以外にも、復縁の道を閉ざしてしまうような行動をとってしまい、残念な結果になってしまった人も少なくありません。
この時期はとても難しいですが、冷静さが必要とされる時期でもあります。しっかり話を聞いてくれる第三者にいろいろと話を聞いてもらうことで、気持ちを落ち着かせましょう。

③「取引」段階の絶対にやってはいけないこと

  • すがってしまう
  • 彼の気持ちを試してしまう

「考え直して」と言うなど、この「すがる」という行動は基本的に、「別れたい」と思う彼の気持ちを否定することにつながります。ここはつらいところですが、彼を否定しないためにもぐっとこらえましょう。
また、すがるほど直接的ではないにしても、遠回しに彼の気持ちを試すこともやってはいけません。ここでやってしまいがちなのが「気になる相手ができた」と他の男の存在を匂わすことです。匂わすことによって、彼からすれば「それなら俺はもういいだろう」と、きっぱり別れられると安心してしまい、復縁のチャンスを自ら手放してしまいかねません。

④⑤の場合は特になし!自分の気持ちとしっかり向き合ってしかるべき行動を!

③の時期を超えれば、少しずつ彼に対する思慮や冷静さを取り戻せると思います。復縁のため、少しずつ彼にアプローチをし始めても良いでしょう。
どんなアプローチが復縁に効果的かは、こちらの記事を併せて見てみてください。

復縁の成功のカギはあなた次第!負の気持ちに負けないで!

復縁を成功させるには効果的なアプローチがもちろん必要です。
でもまずは負の感情に負けて、今回紹介した「本当に復縁したいなら絶対にやってはいこと」とやってしまわないようにすることもとても大切です。
これらをやってしまうことで、せっかく復縁できるチャンスがあるのに、自分からそのチャンスを手放すことにもなりかねません。
復縁の成功のカギは、あなた次第なのです。

 

復縁・復活愛に強い電話占いランキング!復縁ならこの先生がオススメ
>復縁に強い電話占いランキング!復活愛ならこの先生がオススメ