気まずさ半端ない!同じ職場の元彼とも復縁できる?きっかけ作りと注意点

同じ職場で付き合って、そのあと別れてしまうのはとても気まずいもの。
2人だけの秘密の付き合いならまだしも、周りにも知られた仲だったりすると、余計に気まずいですよね。
それでも元彼と復縁したい!
そう思っているあなたに、同じ職場の元彼と復縁するためのきっかけづくりや注意点を紹介していきます。

意外に多い!同じ職場の元彼と復縁した成功エピソード

まずは実際の復縁成功者のエピソードを見てみましょう。
同じピンチをどう切り抜けたのか、成功者の話は励みになりますよね!

Sさんのエピソード:公私混同からの脱却

初めての彼氏が同じ職場でできた彼でした。初めて彼氏ができて舞い上がっていた私は、彼の話をいいことも悪いことも会社の人に話したり、また、彼が忙しいことを知ってたのに「どうして会ってくれないの?」とわがままを言ってしまったり…。付き合って5ヶ月で「Sがこんなに重い女だと思わなかった!」と振られてしまいました。
最初は私も怒って、元彼を避けるようにしていましたが、周囲の目線が痛くて辛くて、会社を辞めようとも思いました。
でも友達に、「自分の何が彼を怒らせてしまったのかをよく考えて」と諭され、ようやく自分の大きな落ち度に気づきました。
それ以降まずは、周りの人と同じように元彼とも挨拶をするようにして、少しずつ元彼ともみんなとも自然に話せるように接するようにしました。また、大きな仕事も自分から志願して、チームのメンバーと協力し合い携わるようになりました。
半年ほどして、元彼からご飯に誘われるようになり、「頑張っている姿を見て惚れ直した、またやり直してほしい」と言われ、もちろんその場でOK!復縁できました!

Cさんのエピソード:お互いに余裕ができた

彼とは同期入社で、付き合って5年目にすれ違いで別れてしまいました。
そのころ、お互いに部下をもったり、大きな仕事を任されたりするなど毎日に忙殺されて、プライベートで優しくすることができなくて…。
それから少しして、だいぶ忙しさが落ち着いた頃。
たまたま同じタイミングで仕事を終えることになって、飲みに行くことになったのですが、そこでお互いにまだ気持ちがあることが分かり、復縁することになりました。
別れていた期間も、お互いの仕事の結果はしっかり把握していて、それがお互いの励みになっていたことも知ることができたので、仕事を頑張ってよかったなと思いました!

このエピソードに出てくる元彼たちは、彼女たちの「仕事の頑張り」をみて、復縁したいと思うようになり、復縁にいたりました。
同じ職場にいる元彼には、仕事でのアピールや周囲への気遣いが重要なポイントになっているのが分かります。

では具体的に、どんな風に同じ職場の元彼と復縁に向かって進んでいったらいいのでしょう。ここからも少し詳しく見ていきます。

同じ職場で会う機会の多さは復縁に損なのか、得なのか

同じ職場での元彼、という関係上、どうしても「別れても毎日会ってしまう」ということがつきまといます。

損と考える場合

復縁には「冷却期間が必要」というのはお決まりのセオリーといっても過言ではありません。
お互いに冷却期間を置き、冷静になったときにお互いの大切さに気付くというのはとても理にかなっているため、冷却期間どころか毎日顔を合わせてしまう同じ職場にいるとなると、復縁を望むに至っては損であると考えられるかもしれません。
それについては否定こそできませんが、ただ、必ずしもそうであるとも限りません。

得と考える場合

結論から言えば、別れても毎日顔を合わせるのは損ではなく、得であると言えます。
理由は大きく3つ。

  • 同じ職場ゆえ、あなたの頑張りが伝わりやすいこと
  • ほかの男性社員とのかかわりによって彼の嫉妬心を刺激する可能性がある
  • 冷却期間を置いたところで、そのあとの最難関「直接会う」がすでに叶っている

…ということが挙げられます。

会わないどころか連絡もしない冷却期間は確かに大切ですが、それはあくまでも復縁のための1ステップにすぎません。
同じ職場の元彼との復縁は、それ以外での復縁とはむしろ踏む段階がいくつかショートカットされていると言っても良いでしょう。
復縁を望む人の中には、遠距離のためなかなか会えない人(遠距離の記事に内部リンク)、会おうと思えば会える距離に入るのに連絡が取れなくなってしまった人(音信不通の記事に内部リンク)、などたくさんいて、どの人も「彼が元気なのか」ということさえ情報が入ってこないことはざらにあります。
その点、同じ職場であれば、今日も元気に仕事をしているという最低限の情報は常に得られますし、状況次第では会話だってできる。
その近い距離間ゆえの大変さもあるかもしれませんが、同じ職場の元彼との復縁を目指すのは、正直言って、かなり恵まれている状況なのです!

【復縁のきっかけ】同じ職場での復縁のチャンスは「どう周囲と接するか」がカギ

恵まれている、とは言いましたが、同じ職場で毎日顔を合わせるゆえに難しいことはやはりたくさんあります。
気まずいのが自分たちだけだったらまだしも、周りも知る仲だったとしたら、周囲への気遣いなどは別れたショック並みに大変かもしれません。
そんな状況で、どうやって復縁へのきっかけを作っていくのかを紹介します。

元彼にも、周りにも、同じテンションで接する

会社にいる間はあなたも一社員。社会人として毅然とした態度でいる必要があります。
極端に元彼を避けることをせず、周りにも気まずい態度を悟らせないように接することが大切です。
また、これは日々の態度だけでなく、例えば、差し入れのお菓子や旅行のお土産なども、分け隔てなく配ってみるのもいいでしょう。
そんなあなたの行動に、元彼も周囲も、「つらいのにしっかりしているんだな」と多少なりとも気づくはず。
気遣いのできる女性はどんな時だって愛されるものです。

ほかの男性社員と仲良くなったり、周囲との飲み会に積極的に参加する

仕事を円滑に行うためにも周囲とのコミュニケーションは大切ですが、元彼との復縁を目指すにいたっても非常に大切です。
まず他の男性社員と仲良くすることによって、元彼の中に眠っていた嫉妬心やあなたを手放したことへの「惜しい」気持ちが生まれる可能性があります。
また、誘われた飲み会へは積極的に参加しましょう。
元彼も同じ部署やチームにいた場合、「あなたがいる飲み会」と知って参加するかしないかで元彼の今の気持ちを推し量ることができますし、お酒が入って少し気持ちが緩んだところで、自然にいろいろな会話ができるきっかけにもなります。

元彼の仕事のピンチを助ける

例え元彼に理不尽な別れ方をされたとしても、彼の仕事のピンチは極力助けてあげましょう。助けられるのに助けなかったとなると、実際はそうでなくとも公私混同と周りに捉えられかねません。
また、彼のピンチを助けることで、彼に対するあなたのアピールにもつながるでしょう。

【復縁までの注意点】一定期間は「元カノ」ではなく「仲間」として接する

個人的な連絡はしない方がベター

復縁を望むとなるとどうしても個人的に連絡を取りたいと思うかもしれませんが、それは我慢しましょう。
仕事では毎日顔を合わせている分、そうでないときはいわゆる「冷却期間」と同じ、少し距離を置くべきです。それによって元彼の中で「あなたのいない時間」が引き立ち、新鮮な気持ちであなたを意識するようになるかもしれません。

彼女のような振る舞いは絶対NG

元彼がいつもよりも早く帰ったり、有給休暇を取ったりすると、「新しい彼女ができたのでは」と不安や嫉妬に駆られてしまうこともあるでしょう。その時に元彼に不安のあまり「昨日どうして早く帰ったの?」などと、彼のプライベートを詮索しないようにしましょう。「別れたのに束縛するのか」と元彼に捉えられかねません。
彼女のような振る舞いをするのは絶対にNGです。

仕事でぶつかることがあっても過去の話は持ち出さない

前章でもお話ししましたが、社会人である以上公私混同はNGです。
同じ職場で、なおかつ同じプロジェクトにかかわることがあるとすれば、意見が対立することも出てくるでしょう。その場合にも感情的になって元彼の「彼氏としてのウィークポイント」を匂わすような言動はしないようにしましょう。

物理的な距離が近い故の苦労はたくさん。でも毎日会えるのは励みと捉えて!

同じ職場の元彼との復縁は、それ以外の復縁とは成功への持って行き方が異なる部分も多くあります。会えるまでが大変な復縁もあれば、毎日会えるからこそ大変な復縁もある。
それでも、文中でもお話ししたように、好きな人が元気に仕事を頑張っていることをリアルタイムで知ることができるのはうれしいものですし、彼へのアピールの励みになるでしょう。

 

復縁・復活愛に強い電話占いランキング!復縁ならこの先生がオススメ
>復縁に強い電話占いランキング!復活愛ならこの先生がオススメ