別れ際に「考え直して」とすがってしまった場合、復縁できる?

元彼に振られて、それでもなお復縁したいと考える場合、どんな場面においてもすがってしまうことは得策ではありません。特に別れ際では要注意です。
なぜなら、別れ際での出来事がその時の元彼にとっての、あなたに対する最後の印象として植え付けられてしまうからです。
ただ、ネガティブな印象で別れてしまったとしても、復縁できる可能性は大いにあります。
ここからは、現状をしっかりと認識して、その後具体的にどのようなことをしたら復縁につながるのかを解説していきます!

別れ際に「すがってしまう」のは復縁にとって正直不利

何らかの理由をもって元彼があなたに「別れたい」と告げたということは、大体の場合においてその時点であなたへの愛情は限りなくゼロになっています。縁を切りたいほどネガティブな印象を持っているのに加えて、「考え直して!」とすがられてしまったら、ますますネガティブな印象を重ねてしまう危険性が大…。
その日を境に会わなくなったとしたら、「最後までうざい女だった」と、元彼の中であなたはしばらくの間残ってしまうかもしれません。

ただ、「考え直して!」と言いたいぐらいに彼を失いたくない気持ちもとてもわかります。
もうダメかもしれないとはわかっていても、何も言わずに別れを受け入れることなんてできないですよね。
元彼側の視点で見れば正直印象はよくありませんが、女性目線で言えば「よく頑張った!」という気持ちです。

別れ際にすがってしまった場合でも、まだ復縁のチャンスはある!

元彼の中に最悪な印象で残ってしまったとしても、そこで未来が閉ざされたわけではありません。別れ際がお互いにとって最悪だったとしても、復縁に至ったカップルはたくさんいます!

ネガティブイメージを覆すには時間が必要

ネガティブな印象を残して別れた場合、先ほどもお話ししましたが、元彼の中であなたの印象は決していいものではありません。
そのため、元彼の気持ちを短期間で-10(今)を10(好き)にしようとするのはとても難しいもの。
少しでも早いうちにイメージを回復させたいあまりに、その後も頻繁に連絡をするのは絶対にやめましょう。

ここは我慢の時間となりますが、別れてすぐのタイミングで大切なのは数カ月単位で連絡を取らないことです。

別れてもなお連絡をし続けることは、-10よりもさらにマイナスポイントを増やしてしまいます。いくら「ごめんね」と言っても火に油を注ぐだけで、残念ですが、どんな言葉も元彼には響かない可能性が高いです。
その延長上には、未読無視はおろか、下手したらブロックされることが考えられ、ますます復縁から遠のいてしまいます。

時間をおくことで期待できるのは、元彼の中でのあなたの印象をリセットさせること。
-10を0(良くも悪くも思わないフラット)にまで押し上げることです。
復縁成功のためには、まずはそこを目指しましょう。

半年後に実践したいこと

連絡を我慢した後は、少しずつ復縁に向けての行動を開始しましょう。
元彼へのアプローチ方法の代表的なものは以下の2つです。

共通の友達がいる場合は、飲み会をセッティングしてもらう

共通の友達がいるのは復縁にとって非常に有利です。
復縁成功の一番のハードルは、「元彼との再会」。つまり、実際に会うまでにこぎつけるまでがとても大変なのです。共通の友達がいる場合は、そのハードルが一気に低くなります。
飲み会であれば、いきなり1対1で会うわけでもないので、気まずさも半減されるでしょう。
この場合での注意点は、飲み会セッティングを依頼する人選です。口が堅くて、どちらかと言えばあなたの方と仲が良い(いざという時もあなたの味方になってくれる)人がいいでしょう。

共通の友達がいない場合は、連絡の習慣をつくって徐々に距離を縮める

共通の友達がいない場合は、まずコンスタントに連絡が取れるようになることが目標となります。そこから少しずつ距離を縮めて、再会→復縁を目指しましょう。

元彼の誕生日や、お正月など、何らかの節目のときに「ひさしぶり、元気にしてますか?」などと連絡してみてください。
ただ、その結果として連絡ができるようになったとしても、すぐには会うことにはならないかもしれません。でも、連絡が復活しただけでもかなりの前進です。焦らずに、まずは連絡のやり取りを素直に楽しむのが良いでしょう。

気持ちのリセット期間の半年間をどう我慢するか

さらっと「連絡は数カ月我慢しましょう」とお話ししましたが、今日から半年と考えると、途方もなく長い時間に考えられます。過ぎてしまえば案外あっという間なのですが。
その半年間、会いたかったり、声が聞きたくなったりと、つらくなってしまう時もあるでしょう。そんなとき、以下のことをおこなってみるのがおすすめです!

たくさんの飲み会に参加する

職場でのつながりや友達とのつながりなど、飲み会の機会はいくつかあると思います。誘われた飲み会には積極的に参加しましょう(どうしても気が進まないものは無理しなくてOK)。
一人だといろいろ考えこんでしまうのを、たくさんの人に囲まれていると気持ちも紛れますし、今まで気づけなかった仲間のいいところを見つけられたり、あなたのいいところも誰かに見つけてもらえるかもしれません。
それによって、少しでも自己肯定感が上がれば、ネガティブな気持ちも次第に好転していくでしょう。

新しい趣味を考えてみる

半年は短いようで長いですが、でも長いようでも短いものでもあります。「新しい趣味を見つけてみれば?」と言われても、探すだけで半年かかることもあるので、「見つける」をゴールにするのではなく、いろいろ考えてみて、それを趣味にした自分をいろいろとイメージして時間を過ごしてみるのもおすすめです。

英会話を習ったら、海外旅行が楽しくなるかも。
ジムに通ったら、痩せるだけでなく肌艶がよくなるかも(代謝が上がるので)。
温泉に興味をもったら、日本全国飛び回りたくなるかも。

必然と楽しいことばかりを考えられるようになるし、楽しいことを考える時間というのは案外あっという間に過ぎていくものです。
英会話やジムなら体験レッスンを受けたり、温泉なら自宅から一番近場から、と、ちょこっとずつ行動に移してみるのも良いでしょう。

復縁にも大逆転はある!好きな気持ちを変わらずに大切に育もう

別れ際にきれいに別れられるカップルはそういません。一方の願いは叶うものの、一方は相当なストレスを抱えることになるのだから、あっさり行く方が少ないものです。
なので、別れ際にすがってしまったとしても、それを後悔する必要は絶対にありません。
多少の時間はかかるかもしれませんが、元彼を好きでいる気持ちを大切に育みながら、普段しなかったことに手を出しつつ、復縁に向かって進んでいきましょう。

 

復縁・復活愛に強い電話占いランキング!復縁ならこの先生がオススメ
>復縁に強い電話占いランキング!復活愛ならこの先生がオススメ