別れ話の時に泣く元彼(振る側)は何を考えている?復縁はできる?

別れ話の時に泣く元彼(振る側)は何を考えている?復縁はできる?

普段泣かなかった元彼が、別れ話の時に泣いていた。
別れ話も泣き顔も突発的なものだと、彼女側としても混乱してしまいますよね。中には、動揺して、不本意に別れを受け入れてしまった人もいるかもしれません。
ここでは、泣きながら別れを告げた元彼がどんな心理状態だったのか、また、復縁の可能性はあるのかを解説してきます。

男性が泣いてしまうときの心理状態

男性が別れ話をする際に泣いてしまうという場合、さまざまな心理状態が考えられます。
主に考えられる状況としては、下記のようなものが挙げられます。

感情的になって泣いてしまった

「感情的になる」というのはイメージとしてはどうしても女性の性質のようにも思われますが、男性にもそれなりに感情的な言動をとる人はいます。
そして、その際に感極まって泣いてしまう男性がそれなりにいます。

実際にどんなシチュエーションかというと、例えば、相手に対してどうしても許せないことがあって、それを口頭で責めようとしているとき。
これを別れ話にあてはめると、

  • 彼女に対する度重なる不満をぶちまけた際に感極まって泣いてしまった
  • 彼にとって、決定的に許せないことをしたために、怒りに任せて感極まって泣いた

…というケースが考えられます。

また、それとは逆に、自分にやましい時があってそれを隠して別れ話をした場合も、「どうして?」「別れたくない」という彼女に対して逆切れして泣くこともわずかなケースですがあり得ます(筆者の友人が経験済み…)。

本当は別れたくないという気持ちの表れ

何らかの事情があって本当は別れたくないのにもかかわらず、別れを決意した場合も泣かずにいられない男性はいます。
先ほどの「感情的になる」というのと違うのは、その別れが元彼自身が望んだ別れなのか、あなたを思うあまりに決意した別れなのかということです。

泣くほどの感情があるのに、なぜ別れを告げたのか

女性目線からすると、男性が別れ話で泣くってよっぽどですよね。
その別れの原因が分かれば話は速いのですが、男性の中には頑としてただただ「別れたい」の一点張りで別れを告げる人もいます。
それは筆者(アラフォー)の経験上、以下のようなケースが考えられます。

すでに次の彼女ができている場合

男性の中には狡くて女々しい男はいます。
すでに次の彼女ができたために今の彼女と別れたいときに、とにかく「別れたい」の一点張りで通して別れようとします。そして思い通りに別れ話が進まないと、怒ったり、わがままな感情に任せて泣く男が実際にいました。

このシチュエーション、考えてみてください。
「他に好きな人ができた(振られるかもしれないけど)」ならまだしも「すでに相手の女性が自分との付き合いをOKしてくれた」のを確認して次の相手を確保できたから、彼女と別れようとしているのです。逆に言えば、意中の女性に振られていたら、シレっとそのまま彼女と付き合い続けていたということです。
そのくせに思い通りに別れ話が進まないと、怒ったり、わがままな感情に任せて泣くのですから、身勝手としか言いようがありません。

彼女の仕事のチャンスをつぶしたくないと考えた場合

別れの理由を告げるのは、相手をより傷つけるだけでなく、変な期待をさせてよけいに悲しませるということも、時にはあります。
例えば彼女のキャリアにとって自分が足かせになると考えた場合、彼女を慮ってただ自分が悪者になろうと、何も理由を言わずに別れを告げる人もいます。この別れ話の際に「別れたい」以外の言葉を言ってしまうと、彼女が余計に困って自分のためにキャリアを捨てかねない。でも、「他に好きな人ができた」と嘘もつきたくない、と言った場合は、泣きながら身を引く優しい男性はいます。

遠距離になってしまう場合

振った側である彼の方で、仕事の都合で海外に行くなどの遠距離になってしまうことが分かった場合も、泣きながらも別れようと考える男性はいます。
こちらは少し男性本位な部分もありますが、自分の夢も彼女の大切なものも丸ごと大切にしたいと考えれば、優しい男性は別れを決意することもあるでしょう。

多くの場合、彼女のことを慮っての涙であり、別れ話であると言えるでしょう。

振った側の元彼に復縁を決意させる方法

泣きながら別れたいと告げる元彼が、優しい人であればあるほど、別れの決意は固いと考えられます。相応の決意をもって、大切なあなたと別れを決意したのです。
そのため、復縁を願う前に、まずはその元彼の気持ちを考えてあげることが先決です。
それでもない、元彼と復縁をしたいと思っている場合は、以下のような方法をおすすめします。

元彼と連絡が取れるようであれば、別れの原因を聞く

別れ話の際に「別れたい」の一点張りだった場合は、やはりまずは別れの原因を聞くことが必要です。
復縁のポイントのひとつは、別れの原因をしっかり理解して同じ過ちを繰り返さないことをお互いに約束し合うということ。原因によっては話し合いで解決可能なことじゃないかもしれませんが、何も知らないよりは前に進みやすくなります。
また、大切に思っているあなたがしっかりとお願いすれば、頑なに別れの理由を話さなかった元彼もちゃんと話をしてくれるでしょう。
ただ、一つ注意したいのは、場合によっては聞きたくない理由を聞かされる場合も無きにしも非ずです。別れの原因で思い当たることがある場合には、少し注意した方がいいかもしれません。

冷却期間を置く

どういった状況においても、ある程度期間をおいてお互いに気持ちをフラットにさせることもいいでしょう。元彼はあなたを思って泣く泣く別れた。あなたも、どんなに元彼が好きでも、そんな元彼の決意や気持ちを尊重することも大切です。
1~3か月程度、連絡をせずに過ごしてみて、その後元彼に「元気?」などと連絡を取ってみましょう。ただ「別れたい」と手厳しい振られ方をしたにもかかわらず、まだ自分を気にしてくれているんだ、と元彼の気持ちが動く可能性大。また新しい関係を築くことができ、その上で復縁の道も期待できます。

男性の涙は、それなりの理由があると理解しよう!

中には女々しい涙もあるものの、感情的ではなく論理的な左脳型とされる男性が流す涙には、やはりそれなりの理由があり、その多くは大切な彼女を慮ってのことであると言えるでしょう。
その気持ちを理解し汲んであげながら、また少しずつ元彼に歩み寄ってみましょう。元彼も、そんな広い心のあなたをますます大切に思い、何とかして頑張って彼女とやっていこうと考えが変わっていくことも大いに考えられます。

 

復縁・復活愛に強い電話占いランキング!復縁ならこの先生がオススメ
>復縁に強い電話占いランキング!復活愛ならこの先生がオススメ