振った側だけど復縁できる?振られた側の心理と効果的な告白をするコツ

振った側だけど復縁できる?振られた側の心理と効果的な告白をするコツ

別れた相手と復縁したいと思っても、それが「自分から振った別れた相手」だったりすると「今さら虫が良すぎると思われるのでは・・・」とか「ばつが悪い」と思ってしまっていませんか?
結論から言えば、正直そこまで卑屈に考える必要はありません!
あなたが振ってしまった相手と復縁を望んでいるのであれば、逆のケースよりも早く、確度も高く復縁することもできるのです。

ここからは、あなたが振った側で、元彼が振られた側のケースにおいて復縁するために知っておくべき情報をお伝えしてきます!

振られた側の元彼は今こんな心理状態

振ってしまった元彼と復縁するには、まずは振られた側の気持ちを理解する必要があります。今元彼が実際何を思っているのか、それは現状であなたと別れてどのぐらい経過したかによっても変わってくるでしょう。

ものすごくショックを受けていて、あなたとの別れを受容できないでいる

こういった状況は、まだ別れて間もないころの心理状況と言えます。
振った側のあなたが、元彼に別れを告げる以前からそれを匂わせていたのか、またはあまりに突然別れを告げたかによってもその度合いは変わってきます。しかし、多かれ少なかれ、別れた直後の心理としては、状況を受け入れられないでいる場合が多いです。
「他に好きな人ができた」、「とても忙しくて構うことができない」、など、あなた自身の都合で別れを告げた直後は特にこの心境に陥りやすいでしょう。

あなたを恨んでいる

別れて少し時間が経過すると、振られた側の心理状況は「怒り」に変わります。
「他に好きな人ができた」といって振った場合は「俺がいながらどうして他の奴を好きになるのか」。
「とても忙しくて構うことができない」といって振った場合は「俺はこんなに尽くしたのにどうしてそんな風になるんだ」など、とにかくあなたへの怒りが込み上げてくる心理状態です。
また、元彼の性格の一部に対して嫌気がさして、それを別れるときにストレートに言って振った場合にいたっては、別れてすぐにでもあなたを恨んでしまっているかもしれません。
いずれにせよ、振られた側の元彼にとっては、自分の意に反したことが起こってしまったわけですから、その発端となった振った側、あなたに対して怒りや恨みの気持ちが生まれるのも仕方のないことと言えます。
ただ、その怒りも「好き」の裏返し。怒りの大きさこそが、元彼のあなたへの気持ちの大きさとも言えるでしょう。

「もう振られたんだから・・・」と、恋をお休みするor次の彼女を探す努力をしている

男性は失恋すると女性よりも切り替えが遅いと言われていますが、物分かりが良く優しい男性は、別れたいと言ったあなたの意志を尊重し、幸せを願い、潔く諦めて次の恋を探す努力を始めているかもしれません。中には「しばらくもう恋愛はいいや・・・」と思う人もいるようですが。
ただ、あくまでも無理やり気持ちを切り替えようとしているのであって、あなたのことを好きではなくなったわけではありません。好きだからこそ、しっかり前を向こうとしている心理状態なのです。

「振った側だけど復縁を望んでもいいの?」の答えはもちろんYES!

振った側として、振られた側の元彼の心理を慮ると、「復縁したいなんて望むのは虫が良すぎるのではないか・・・」と思うかもしれません。
確かにそう考える相手もいるかもしれませんが、それは少数派です。自分から振ってしまったとしても、復縁したいのなら復縁できるように頑張りましょう!

そうアドバイスするにも理由があります。
それは、前章でも少しお話をしましたが、(別れ方にもよりますが)振られた側は往々にして一定期間は振った相手のことが忘れられず、相手も「復縁できるものならしたい」と願っているからです。
振られた側は、振った側のことが嫌いになって別れたわけではありません。振った側から復縁を望むのであれば相手にとってはとてもうれしいことのはず。なので、自信をもって相手に当たっていくべきです。

しかしながら、ひとつだけ注意したいこともあります。
振られた側の元彼にもプライドがあります。後ほど詳しく書きますが、復縁を求める場合には、元彼の気持ちも尊重しながら懐に飛び込むことが大切であることを忘れずに行きましょう。

自分から振ってしまった場合の復縁に、冷却期間は置かない方が得策

別れた後、復縁するためにはある程度(3か月~半年程度)の冷却期間があると効果的です。でも、それはケースバイケース。
往々にして、「振られた側が振った側に復縁を求める場合」には冷却期間は有効ですが、今回はその逆です。

「振られた側が振った側に復縁を求める場合」に冷却期間が必要な理由

振られた側をAさん、振った側をBさんとします。
AさんとBさんの間ではなぜ冷却期間が必要なのかと言えば、それは、Aさんに対するBさんの気持ちをリセットさせるために他なりません。
別れを告げた時点でBさんにとってAさんは負の感情を持つ相手。Aさんはそんな負の感情を持つ相手に復縁成功のために向き合っていくことになるので、別れた直後に当たれば玉砕は不可避です。復縁はかないません。
しかし、3か月以上の冷却期間を置くことで、Bさんの中のAさんへの負の感情は、別れた直後よりもだいぶ薄らいでいるはずです。
そういった時期になるのを待ってから復縁のために行動することが、この場合には得策なのです。

「振った側(あなた)が振られた側(元彼)に復縁を求める場合」はどうか

しかし、今回のケースではAさんが元彼、Bさんがあなたという逆の立場になります。
「元彼の心理状態」の章でもお話ししたように、元彼はあなたを嫌いになって別れたわけではありません。別れを告げられたものの、まだ好きだからこそ、受け入れるのが難しいし、恨む気持ちも生まれるし、幸せも願うのです。
この場合、逆に時間が経ちすぎるとそれらの心理状態の向こう側(つまり、あなたの存在自体が元彼の中で薄まる)まで行ってしまう可能性もあるので、冷却期間など考えず、早めに復縁に向けて動くことをおすすめします。

どう言ったら復縁が叶う?その告白のコツを伝授!

そうとは言うものの、振った側から復縁を求めるのはちょっとばつが悪いと思う気持ちもわかります。
そんな時にどう行動すれば、元彼との復縁につながるのかを紹介しましょう!

別れてまだ2週間以内の場合

別れて間もない場合は、とにかくすぐに元彼に連絡をしましょう。
この際の告白のコツとしては、「私が間違っていた。ごめんなさい」と、とても後悔している気持ちが相手に伝わるように、また、相手のプライドを立てるためにも下手に出て伝えることです。

別れて1か月以上が経過してしまった場合

現時点で別れてすでに時間が経っている場合は、先ほど紹介した内容に追加の行動が必要となります。時間が経つほど元彼のあなたへの関心が薄れていってしまっているためです。
この場合。まずはいきなり謝るのではなく「元気にしてる?」と、久しぶりに友達に連絡する感覚でコンタクトを取ってみましょう。
それに対して元彼から返信が来て、いくらかのやり取りをおこなった後に「あの時のことは私が間違っていた、ごめんなさい」と伝えてみましょう。緊張してしまうかもしれませんが、この場合だと会って話すのも効果的でしょう。会ってきちんと伝えた方が、あなたの後悔と真剣さがより伝わりやすくなります。

「振った側」の方が有利!改めて真剣に、相手と向き合おう

ここまでに紹介したように、はっきり言えば、振った側の方に復縁のアドバンテージがあります。それだけに変に遠慮する気持ちも出てきてしまうかもしれませんが、そう思ってまごまごしていると、せっかくの復縁のチャンスを逃しかねません。
早いうちにしっかりと相手に向き合って、自分の本当の気持ちを伝えてみましょう。

 

復縁・復活愛に強い電話占いランキング!復縁ならこの先生がオススメ
>復縁に強い電話占いランキング!復活愛ならこの先生がオススメ